うつ病リワークプログラム

日本うつ病リワーク協会正会員医療機関

対象となる方

  • うつ病、もしくはうつ状態により、現在休職されている方
  • 1年以内の復職を目指している方
  • 週3~5日のプログラムに参加可能な方
  • 週5日間、働くリズムを作りたい方
  • 復職・再就職について自信のない方

動画による紹介

目的

プログラムに参加することで以下の効果が期待でき、復職に向けての準備を整えることができます。

  • 生活リズムを作る
  • 体力の回復
  • 対人コミュニケーション技術の向上
  • 就労準備に必要な知識・技能の獲得
  • 作業中の集中力、持続力の改善
  • ストレスの対処方法の学習
  • 疾病管理、再発予防の学習
うつ病リワークプログラムでの対人コミュニケーション技術の向上の様子 パソコンを使う、うつ病リワークプログラムの様子
.

利用までの流れ

  1. 通院先の主治医にご相談ください。(当院以外の病院・クリニックに通院の方もご利用いただけます)
  2. 主治医から当院へご連絡をお願いします。
  3. 当院リワーク担当医の診察と、導入面接を受けていただきます。
  4. プログラムのご説明をいたします。同意される方は、同意書にサインしていただき、プログラム開始となります。
なお、当院リワーク適応でない方につきましては、ご希望に沿いかねる場合もございます。あらかじめ、ご了承ください。

費用

パソコンを作業する患者さんのイラスト

  1. 医療の一環ですのでデイケア費が必要となります。
    保険が適用されます。 自立支援医療制度のご利用をおすすめします。
    (自立支援医療制度を利用すると1日約800円です。)
    心理テスト料が別途必要になる場合があります
  2. 上記費用には昼食が含まれています。

プログラム内容と時間帯

実施曜日
週5日(月~金)
活動時間
9:30~15:30(6時間)
主な活動場所
リハビリテーションセンター内リワーク室(活動前に医師による問診があります)
月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
9:00~ 問診
9:30~ 朝のミーティング & うつ病体操
10:00〜
(休憩11:00~11:10)
  • ステップ1:
    クラフト
  • ステップ2~4:
    認知機能トレーニング
  • 集団ワーク(休憩時マインドフルネス)
  • 集団ワーク(休憩時マインドフルネス)
  • 自主学習
  • ステップ1:
    生活のふり返り
  • ステップ2~4:
    虎の巻作成
12:00〜 個人面談(担当スタッフが面談) 面談予定がない利用者は休憩
12:30〜 昼食・昼休憩
13:30〜
(休憩14:10~14:20)
  • フットサル
    (精神科DC合同)
  • 音楽活動
  • コミュニケーショントレーニング
  • 心理教育
  • 認知行動療法的アプローチ
  • アクティブ・スポーツ
    (精神科DC合同)
  • エクササイズ(ヨガ・ストレッチ・バランスボール)
15:00~15:30 帰りのミーティング

主治医の先生方へご案内

うつ病リワークの取り組みについて

現在、多くの企業で、うつ病や不安障害により休職となる従業員の方が、増加しているとの指摘があります。それと同時に、復職が上手くいかず、再休職に至るケースが多く見受けられるという指摘もあります。そこで、当院では復職に向けたリハビリテーションプログラムを準備し、復職に向けた準備を整えるお手伝いをしていくこととなりました。クリニックや企業のご協力を得ながら、復職を円滑に進めていけるようしていきたいと考えています。

うつ病リワーク担当医師入澤 誠の写真

うつ病リワーク担当医師
入澤 誠

1.対象者について

「油山病院うつ病リワークプログラム」では以下の患者様を対象としております。

  • I CD-10またはDSM-Ⅴの診断基準で気分(感情)障害の診断群に入る方
  • 上記疾患等により、休職・退職している方で1年以内に復職を目指している方
    (退職中の方は、ご相談ください)
  • 週3~5日のうつ病リワークプログラムに参加できる、体力、精神活動性を有している方

2.うつ病リワークプログラムご利用までの流れ

  1. 患者さんのご紹介やご利用についてのお問い合せは、地域医療連携部(TEL:092-871-2261代表)へお電話をお願いいたします。必要書類やご利用までの流れをご案内します。
  2. まず、ご紹介の患者さんにはリワーク担当医の診察や心理検査を受けていただき、当院リワークの適応について検討させていただきます。適応でない方につきましては、ご希望に沿いかねる場合もございますので、あらかじめご了承ください。
  3. リワーク導入が決定した場合は、必要書類(指示箋、診療計画「精神科デイ・ケア等 疾患別診療計画)・GAF・ハミルトンうつ病病状評価表)を貴院へ郵送させていただきます。

なお、見学は随時受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

バトミントンのラケットをもった男女の写真
机に置かれたうつ病リワークプログラム用ノートと筆記用具の写真
うつ病リワークプログラムを行う部屋の写真

3.プログラムの内容について

当院では心理教育、認知行動療法、コミュニケーショントレーニングなど治療効果が認められているプログラムを中心に、模擬職場や運動療法などさまざまな内容を採り入れています。

4.うつ病リワークプログラムの評価と経過報告について

  • うつ病リワークプログラムでの患者様の状態については定期的に評価を行い、ご報告致します。(1回/月)
  • 評価表は「うつ病のリワーク研究会」で標準化された評価表「復職準備性評価表」を使用しています。

5.お願い

  • 患者様についてのご意見やご質問等がございましたら、お気軽にご連絡ください。
  • 患者様の症状、体調、復職に関して主治医の先生方にご相談させていただくことがございます。その際はよろしくお願いします。
  • 私達が企業の担当者に、直接連絡をさせていただくことがございますが、その際は必ず先生方の許可を得てから行います。

お問い合わせ

油山病院うつ病リワークプログラム
TEL : 092-871-2261(代表)

医療法人泯江堂はコチラから

関連施設のご案内