新型コロナウイルス感染状況については、現在国内においても更なるクラスターの発生など第二波が懸念されるような状況が続いております。この状況下では無症状の感染者が知らぬ間に周りの方に移してしまうことが起こり得ます。当院では、来訪されるすべての方のために、院内での感染が発生しないように現段階では以下の新型コロナウイルス感染予防対策を行いながら、入院・外来受診の対応を行っております。

1. 新規入院について
当院のコロナウイルス感染症対策として、入院の際には抗原検査やPCR検査(いずれも自己負担はありません)を受けていただいております。PCR検査は結果が出るまでに数時間を要します。そのため、PCR検査の結果が出るまでは、個室での対応をさせていただきます。
またPCR検査結果が陰性であった場合も入院後2週間は病棟内でのマスク着用をお願いしておりますので、入院の際はマスクをご持参ください。
万一PCR検査陽性が出た場合は、当院での対応はできかねます。速やかに保健所などの行政機関に連絡し指示を受けたうえで新型コロナウイルス感染症治療について対応可能な病院へ転院していただくことになります。

2. 外来受診について
外来受診の方および来訪されるすべての方に当院玄関口での検温、手指消毒をお願いしております。またマスクの着用は必須となっておりますのでご協力お願いいたします。
外来受診につきましては、通常どおりの体制で運営しております。診察室にはコロナウイルス感染防止対策としてアクリルボードの設置、診察室扉を開放し診療対応しております。

当院ではコロナウイルス感染防止対策を適切に実施し、患者さん・ご利用者ご本人のみならず、ご来訪のすべての方々、そして医療従事者により安心・安全な環境を整え適切な診療を続けてまいります。なお、今後のコロナウイルス市中感染の状況に応じたフェイズごとの対応マニュアルも準備しておりますので、それらに基づき病院運営を行ってまいります。何卒一層のご理解ご協力をお願いいたします。