精神疾患の症状

今回も実際の精神科訪問看護でのリハビリの内容についてお伝えしていきたいと思います。テーマは「コミュニケーションや対人関係でお困りの方」です。
コミュニケーションとは、互いの気持ちや考え、価値観などを伝える行為であり、人間関係を円滑にする上で、コミュニケーション能力を求められる機会は増えてきていると思います。ですが、人間は生まれながらにコミュニケーション能力を身につけているわけではありません。コミュニケーション能力は一人では身につけていくことが難しく、これまでの人生でどのくらいコミュニケーションの機会を得たかが、非常に重要となります。
さて、皆さんは自分の気持ちを上手に表現できていますか?伝えたいけれど、相手の反応を気にし過ぎて伝えることを諦めてしまうことが多くありませんか?そのようにコミュニケーションや対人関係でお困りの方に対し、当ステーションでは以下のような援助を行っています。

コミュニケーションや対人関係の改善に向けた具体的な援助

精神科訪問看護では私たちスタッフが定期的にご自宅に伺わせていただき、ご利用者様が安心して気持ちを表現出来るように心がけて、お話を聴かせていただきます。
初めは緊張されるかもしれませんが、訪問看護の時間帯で会話をする機会を増やしていき、少しずつ会話の楽しみや人との繋がりを持つことの心地よさを感じていただきたいと考えています。また、気持ちを表現することですっきりとした感覚や不安な気持ちの軽減などのお役に立てたらとも考えています。
コミュニケーションでは、その他にも上手に聞くことや適切な会話の内容、表情、ジェスチャー、姿勢、声のボリュームなどの技術も大切になりますので、そういうスキルも少しずつ向上できるように援助していきます。
訪問時に、ご利用者様から実際の生活場面の中にある家族関係、友人関係、学校や職場での対人関係で「上手く伝わらなかった」、「苦手に感じた」などのお申し出があれば、一緒にその時の状況を共有し、次に同じような場面になった時を想定して一緒に伝え方の練習をすることもあります。
最後に、現代社会においてはソーシャルメディア等の普及により、コミュニケーションの形も多様化しています。だからこそ、直接お顔を合わせて、二者関係から開始できる訪問看護をコミュニケーション能力向上のために、ご活用していただければ幸いです。